【燦(さん)ホールディングス】葬祭会館業務

燦ホールディングスグループの事業別の募集職種はこちら

01葬儀会館業務

グループで運営する葬儀会館での葬儀の施行、
運営に関わるお仕事や
会館自体の運営・管理に関するお仕事です。

葬儀ディレクター

「心からのありがとう」のために。
世界でたった1つのセレモニーを創りあげる。

お葬式の施行・運営全般を行う仕事です。ご遺族との打合せ、式場準備撤収、司会進行など
葬儀の運営・施行全般に携わっていただきます。葬儀に関する専門知識や技術をもち、
大切な方を亡くされたご遺族の方の深い悲しみを配慮し、お客様の側に立って誠心誠意サポート。
人のためになっていることが実感でき、お客様から直接感謝のお言葉を頂いた時、
大きな充実感・満足感を得られる仕事です。

私がいただいた「心からのありがとう」エピソード

出田 慧 (2010年入社)

「真冬の2月にカキ氷」でも大好きだったと聞けば私は全力で駆け回ります。

ご遺族との打ち合わせではいろんなご要望をヒアリングして、短い時間の中、セレモニーを創りあげていきます。例えば、亡くなった方の好きだった曲を流してあげたい、こんなお花を飾ってあげたいなど。私が担当したセレモニーでは、打ち合わせで亡くなった方がカキ氷が大好きだったというお話を聞いてどうしてもご用意してさしあげたかったんですが、季節は真冬の2月。「それでも、どうしてもなんとかしてさしあげたい!」とカキ氷の準備に駆け回り、お式の最中でしたがなんとか間に合わせてご用意することができました。

マニュアルもパッケージもない。1万件の葬儀があれば1万通りのセレモニーを創ります。

2つとして同じ人生がないように、葬儀も1つ1つ違うものになるはずです。だから大切なのはご要望をいかに引き出せるか、それに対しての提案の引き出しをどれだけもって対応できるか。ここが難しい所でもあり、やりがいでもありますね。セレモニーが全部終わって御親族の方を無事にお見送りできた時に、「ありがとうございました」って感謝の言葉をいただいた時やアンケートやお手紙で「良いお見送りができました」という言葉をいただけた時は、本当にうれしいですね。

葬儀に飾られる遺影写真。できるだけ良いものにしたくて。

遺影写真のご用意をお手伝いするのに、ご自宅を訪問することがあります。どの表情の写真がいいか一緒に選ぶ際にアドバイスをしたり、背景を変えたりするご提案をしたり。たくさんお話をして要望をお聞きして、できるだけ良いものにしたいといつも思っています。人に寄り添い頑張る仕事をするために転職したので、今、充実しています。

廣 康彦 (2018年入社)

誕生日ケーキは会社費用でOK、運輸部が滋賀まで走った日も。

葬儀にご用意するものを会社負担で購入できる応援制度があります。例えば誕生日が近い日に亡くなった方にケーキをお供えしてあげたい、そんなご要望にもこの制度のおかげで現場判断で応えられるんです。ある時は鮒寿司が好きだった方のために用意したいと相談したところ、運輸部が「任せとけ!」って滋賀まで車を走らせて買ってきてくれたりしたこともありましたね。会社全体で良いお別れの舞台のために協力してくれるんです。

山木 優樹 (2017年入社)

仕事の流れ
  1. (1)葬儀の依頼

    相談センターから会館に葬儀依頼の連絡が入ります。

  2. (2)寝台車でのお迎え

    ドライバーと2人で寝台車でお迎えへ。
    ご遺族の方へご挨拶、そしてスケジュールの説明をいたします。

  3. (3)ご遺族との打合せ

    ご遺族と打合せをしてご要望をヒアリング、費用や葬儀の進め方等のセレモニーのプランを
    ご提案します。

  4. (4)会館での式場準備

    祭壇や物品などを他部署に連絡して手配したり、他のスタッフに指示をだしながら準備します。

  5. (5)通夜、葬儀・告別式

    セレモニーがスタート。
    式が無事に終了するまで進行を見守りながら指示をだしたりします。

  6. (6)式場の撤収作業

    セレモニーを終えた後、祭壇等、式場の撤収作業を行います。
    ご遺族の方が火葬場に行かれている間や食事の時間にも同行してご質問やご希望に対応します。

  7. (7)請求書の作成等

Q&A
Q.

未経験からでも始められるお仕事ですか?

A.

教育担当がマンツーマンで段階を経てじっくり育てていきます。

年間1万件あれば1万通りの葬儀がありますので、経験と実績が必要な仕事。まずは先輩の業務を横で見るところから。部分的に任せていきながら育てていきます。

Q.

先輩達の前職はどんな仕事でしたか?

A.

飲食業界、介護業界からや元美容師まで。
異業種から転職してきた方が多いです。

ファーストフード、スーパーマーケットなどの異業種からの転職、介護福祉士、美容師などの経歴をもつ方もいたりして先輩の前職は様々。もちろん、中途採用でもうちとけやすく温かく迎えてくれます。

Q.

どんなスキルが身に付く仕事ですか?

A.

厚生労働省認定の「葬祭ディレクター技能審査」の資格取得を応援する制度もありスキルアップもできます。

名札に資格が表記されて信頼も増しますし、指名されたりもします。有資格者の基準は日本でトップクラス。資格取得のための勉強会も業務扱いで受講できます。

Q.

働く環境を教えてください

A.

人員も確保されていて組織化・分業化されている環境。役割に集中できて質の高いサービスを提供できます。

人員をしっかり確保しているので業務の分業化が進んでいて、過重労働はありませんし、自分の担当業務に集中できます。「ここに頼んでよかった」というお声をいただける理由です。